ダイレクトワンの即日融資は早い審査で実現も可能となります。

ダイレクトワン即日融資

ダイレクトワンではインターネットからの申し込みであれば来店をせず、パソコンやスマートフォンでいつでもどこでも手続きが出来ます。すぐに借りたいけどダイレクトワンに申し込める店舗が近くに無い方や、誰に見られるか分からないから来店は出来るだけしたくない方でも、安心して申し込めるようになっています。

契約後のカードを使った借り入れや返済であれば、全国のコンビニなどに設置された提携ATMで便利に利用が出来ます。しかし、申し込みに関してはATMで行うわけにはいきませんので、ダイレクトワンに関してはインターネットからの手続きが主流となっています。

申し込みをしてから借りるまで

来店不要の申し込み

ダイレクトワンの申し込みから借り入れまでの手順としては特に難しくはなく、他社の消費者金融などでパソコンやスマートフォンから申し込みをしたことのある方なら、戸惑わずに手続きが進められるようになっています。Web上で必要事項の入力後、最短即日の審査結果の連絡後、契約書類や本人確認書類などの必要書類のFAX送信、または郵送をし、借り入れとなります。

即日融資は可能ですか?
何時までの手続きが必要ですか?
ダイレクトワンでも即日融資には対応をしていますが、ネット申し込みでの当日中の借り入れは行っていません。あくまで店頭窓口で手続きをした場合に限りますので、ネット上からの申し込みでは何時であっても即日融資利用は出来ません。

来店不要即日融資ならプロミス

なるべく早くにキャッシングを利用したい、どうしても当日中にお金を借りたいと考えるなら、大手消費者金融のプロミスの借り入れを検討をしてみると良いでしょう。プロミスなら週末の土曜日や日曜日でも、夕方や夜の時間でも申し込み当日の即日カード発行、最短即日融資も可能となりますので、すぐに借りたいときに助かります。

ダイレクトワンでは対応の出来ない時間帯や曜日でも、プロミスなら最短即日対応でスピーディに融資をしてくれますので、急に現金が必要になった場合には、最短30分審査回答でダイレクトワンより手続きの早い、安心のプロミスに注目です。

第00位

プロミス

★★★★★

早い最短即日キャッシングの利用なら、安心と信頼の大手消費者金融プロミス

実質年率借入限度額審査時間融資時間
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
平日14時までにWeb契約を完了させると、最短即日で来店不要の銀行振り込み融資も可能となります。時間が過ぎてしまった場合や、通常の銀行振り込みでは対応の出来ない土日の場合でも、ネットで申し込みをした後に契約機まで行けば、その日のうちにカード発行、借り入れも対応が出来ます。申し込み時間によっては当日に間に合わない場合もあるので、まずはネットで事前に申し込みをしておきましょう。
プロミス
公式サイトで詳細を見る
  • 30日間無利息でお得な借り入れ

メールアドレスとWeb明細の利用登録で、初回借り入れが30日間無利息になるお得なキャッシングも可能です。

  • 何度も繰り返し借りられる

一度プロミスで契約をしておけば、限度額内なら再申込不要で何度でも繰り返し自由にお金が借りられます。

アルバイトやパートでも安定した収入があり、総量規制で定める年収の3分の1以内の借り入れであれば、プロミスに申し込むことが出来ます。ただ、多くの借り入れを抱えている方、返済が遅れがちな方は審査に通らない可能性が高いので、無謀な申し込みは避けた方が良いでしょう。

夕方や週末に即日融資で借りる

平日14時までのWeb契約なら銀行振り込みで対応も可能なプロミスの即日融資は、14時以降や銀行が休みの日でも、申し込み当日に借りられるようになっています。手順としては、まずネットで申し込みを行って審査を受け、審査結果がOKであれば最寄のプロミスの自動契約機か、営業時間内の三井住友銀行ローン申込機まで行き、契約をするだけです。

プロミスの自動契約機なら週末でも夜でも営業をしているところが多いため、ネットでの審査にさえ通っていれば、当日中にカードが発行され、そのままATMなどで限度額の中ですぐに自由にお金が借りられるのです。

▼事前にネットで申し込むのがポイント

夕方や週末に利用する際のポイントは、「まずはネットで申し込みをしておく」点で、契約機で申し込みからとなると、審査結果がNGだった場合には時間が無駄になります。しかし、ネットで審査を受けて結果を受け取ってから契約機に行けば、何も無駄にせず、必要書類さえ忘れずに持って行けば即日融資の可能性も高まります。

また、プロミスは多くの自動契約機の営業時間より、審査対応を先に締め切ってしまいます。自動契約機は開いていても審査が行えなければその日のうちに借りられないため、契約機に行くのが夜であるとしても、事前にネットで申し込みをして審査結果だけを受け取っておくと良いのです。
⇒プロミスの申し込みについてはプロミスの評価も参考になります。

在籍確認の電話が不安な方のために
在籍確認電話

Webにしろ契約機にしろ、契約をする前には在籍確認が必ずあります。電話をされるのが不安な場合には、予め相談をしておきましょう。プロミスでは申し込み完了後すぐに相談をすれば、在籍確認電話に対する希望内容や要望を伝えることができます。

電話不要のキャッシングを利用する

会社への電話連絡が困る方は、電話不要で借りられるモビットのWeb完結の利用も考えてみましょう。社会保険証や収入を証明する書類、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座が必要となるなど、若干ながら申し込み条件や必要書類が面倒ですが、電話も郵便物も無いキャッシング契約がWeb完結なら可能としています。

第00位

モビット

★★★★★

電話無しで借りられるモビットのWeb完結なら、内緒で借りたい方も安心の契約

実質年率借入限度額審査時間融資時間
3.0%~18.0%1~800万円10秒簡易審査最短即日
Web完結で会社への電話無しで借りられるモビットのWeb完結は、手続きに不備や問題点が無ければ、申し込み者本人へも電話連絡無しで契約が出来る可能性があります。文字通りWeb上で手続きが完結するため、電話がかかってきて怪しまれるのが嫌だ、会社への電話自体が困る方も、Web完結なら安心です。また、必要書類や条件を満たせない方は通常のWeb申し込みでも来店不要融資の利用も可能となります。
モビット
公式サイトで詳細を見る

モビットの即日融資は、14:50までの振り込み手続き完了が必要となります。申し込み内容や審査結果によっては、ご希望に沿えない場合もありますので、詳しくはモビット公式サイトでご確認ください。

ダイレクトワンと比較

借入先 実質
年率
限度額 審査
時間
融資
目安
ダイレクトワン 4.9%~
20.0%
1万円~
300万円
最短
即日
最短
数日
プロミス 4.5%~
17.8%
1万円~
500万円
最短
30分
最短
即日

消費者金融でのキャッシングは、基本的に金利は上限で比較をしないとあまり意味がありません。というのも、貸金業法に縛られている消費者金融では、年収の3分の1以上の借り入れが出来ない総量規制があるので、例え限度額が500万円の消費者金融があったとしても、その限度額目一杯に借りるためには、それに見合った年収が必要となります。もちろん一部の例外は設けられていますが、通常の資金使途自由なキャッシングにおいては例外が適用される事はなく、ほぼ全ての借り入れにおいて年収の3分の1を上限とした契約となるのです。

限度額が上がらないと金利は下がらない

それに関連して金利面でも同じことが言えます。キャッシングの金利は限度額が大きくなると下がる設定になっていますので、借り入れ金額が大きくならないと金利は基本的に下がりません。また、現在の貸金業法では50万円を超える借り入れ、および他社借り入れと合わせて100万円を超える場合は収入証明の提出が必要な事もあり、初回の借り入れを50万円までの限度額で定めるところが多いです。

50万円までの限度額の借り入れでは金利は上限が設定される場合が多く、仮に少額の10万円程度の限度額設定となれば、ダイレクトワンの場合には20.0%の上限金利が設定されることも考えられます。利息制限法でも10万円までの貸し付けなら金利は20.0%まで設定して良いことになっているため、少額融資の際には貸し付け条件の上限金利、ダイレクトワンなら20.0%が適用されても不思議ではありません。

ただし、プロミスの場合には貸し付け条件の上限金利が17.8%となっているため、限度額が10万円の契約となってしまった場合であっても、適用される実質年率は17.8%以上にはなりません。

金利はしっかり確認

寧ろ、多くの消費者金融で上限金利は18.0%あたりにしている中で、20.0%にしているダイレクトワンは、目一杯の上限金利での貸し付けを想定しているとも言えます。実際の利用者の声でも、小さな枠で20.0%の金利設定になったとするものも多数見受けられます。

プロミスの場合には100万円までなら17.8%を上限とし、更にWeb明細の利用登録とメールアドレスの登録で初回30日間の無利息も付いてきます。利息負担の面で比べると、単純な実質年率の差だけではなく、無利息分でも大きな開きがありますので、返済を考慮して借りるならプロミスは非常にメリットの大きいキャッシングであると言えるでしょう。

週末にも来店不要で即日融資

平日の昼間なら、銀行振り込みで来店不要の即日融資を利用出来る消費者金融は数多くありますが、夕方や週末に申し込み当日に来店不要で即日融資を利用出来るところとなると、数は決して多くはありません。

大体の消費者金融では週末に申し込み当日に借りたいのであれば、ネットで申し込みをしてから契約機まで行く必要があるため、お金は必要だけど契約機までは行きづらい方にとっては、どうしても手が出しにくかったものです。しかし、プロミスの「瞬フリ」を使うのであれば、土曜日でも日曜日でも、平日の14時を過ぎた時間でも、当日中に銀行振り込みで借りられます。

プロミスの「瞬フリ」は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方が利用出来るサービスで、どちらかの口座を登録すると、24時間最短10秒で振り込みがされる即日キャッシングサービスとなります。詳しくはプロミス公式サイトをご確認下さい。

口座はいつでも登録できますか?
どこから登録すればいいですか?
「瞬フリ」のための口座登録は会員専用メニューからの手続きとなり、22時までの対応時間となっています。口座さえ登録を済ませれば22時以降も利用は出来ますので、契約当日に利用する場合には、22時までには指定の銀行口座の何れかを会員メニューから登録をして下さい。
プロミスだけの「瞬フリ」

契約をして口座の登録を済ませば、あとは「瞬フリ」によって好きなときにすぐにお金を振り込んでもらえます。土曜日でも日曜日でも、プロミスのホームページから申し込みを行い、審査を受け、各種確認完了後にWeb契約をして「瞬フリ」用の口座を登録すれば、来店不要で週末でもお金が借りられるのです。

一点だけ注意をしておきたいのが、週末や夜で会社が休みや営業時間外で在籍確認が取れないと、当然ながら契約は出来ません。会社が休みなどで電話が通じない可能性があるなどの場合には、申し込み完了後すぐにプロミスに連絡をし、相談をするようにしてください(審査の内容によっては、ご希望に沿えない場合もあります)。

平日の14時を過ぎてしまっていたり、週末で即日融資が受けられない、契約機まで行くのは嫌だと考えている方にとっては、プロミスだけの「瞬フリ」のサービスは適している借り入れと言えます。

「瞬フリ」についてはメンテナンス時間等で利用できない時間帯もありますので、申し込みや利用前には必ずプロミス公式サイトでご確認下さい。

キャッシングの借り入れがある方は

プロミスでは他の消費者金融で借り入れがあっても、パートやアルバイトでも安定した収入を得ているのであれば、申し込みも借り入れも可能となっています。申し込みが出来るか不安に感じる方も、一先ずプロミスのホームページ上で行える「3秒診断」を利用してみると良いでしょう。

僅かな項目を入れるだけですぐに借り入れ可能か簡単に診断ができ、審査とは違うために個人情報の入力はしなくて良いのです。3秒診断だけなら信用情報機関に履歴が残る事はなく、申し込み前にチェックをするものとしては十分と言えます。

3秒診断でOKが出たからといって審査に必ずしも通るわけではありませんが、逆に診断でNGが出るような状況では、審査ではかなり厳しい結果になります。そこで申し込みを行っても無駄な申し込み履歴が残るだけですので、診断でNGが出るような状況では通常のキャッシングの申し込みは避け、別の借り方を考えてみるのも一つの手です。

おまとめローンで一本化をする

そのうちの一つが借り入れの「おまとめローン」で、多くの借り入れを1社にまとめて完済へ向けた返済を進めるものになります。ダイレクトワンでも「借り換えローン」を提供していますが、おまとめ目的での借り入れであるなら、より低金利のローンを使ってみる方が良いでしょう。

おまとめローンとしても使えるカードローンとして人気なのが、オリックス銀行カードローンです。インターネットからの申し込みで来店不要のおまとめOKとなっており、銀行だからこその低金利で多くの借り入れを一本化することも可能となります。件数が増えてしまうと返済が厳しくなってきますので、おまとめによる借り方も考えておくと良いでしょう。

オリックス銀行カードローンの情報はこちらから

トップへ戻る