ダイレクトワンの即日融資は早い審査で実現も可能となります。

借金を減らす相談をする場合

キャッシングで借りたお金は、利息を加えて返済する義務があります。元金だけ返済しても、業者は損をしてしまうだけなのです。運営コストがかかる分だけ赤字になるので、無利息で貸し出すことなどできません。無利息期間を設定している場合も、必ず有限になっているはずです。

借りたお金を減額してもらう方法は、法的な方法以外にはありません。元金を減らしてもらうように業者に交渉しても、間違いなく却下されるでしょう。可能性があるとすれば金利の引き下げですが、こちらも簡単には応じてくれません。しっかりと無理なく返済している方ならば別ですが、返済できなくて遅れてしまっている状態ならば、交渉しても話に乗ってはくれないでしょう。

法的に減額する方法というのは、任意整理、個人再生などの方法になります。これらの方法は、返済ができない場合に検討するものであり、返済を放棄する目的で用いてはいけません。ブラックリストに登録されて、しばらくローンの利用ができなくなります。

キャッシングの返済が厳しいときは、まずは借りた業者に相談してみることです。業者によっては返済猶予期間を設けてくれることもありますので、失業・リストラなどで収入が途絶えた場合は相談してみましょう。

そもそも、そうならないような借り方をすることも大切であり、来店不要で申し込みも出来る手軽で気軽な消費者金融で借り入れる際にも、しっかりとした返済計画を持つようにしましょう。

トップへ戻る