ダイレクトワンの即日融資は早い審査で実現も可能となります。

大手銀行で見る返済例

みずほ銀行のカードローンは、事前に返済シミュレーションをしてから利用することができ、3つのタイプがあります。例えばです、限度額が200万円で150万円借り、金利の年率が12.0%だったとしましょう。このとき自分で計算式を当てはめると、ものすごく難しい計算をしなくてはなりません。しかしシミュレーションでは、数字を入力するだけで機械が計算してくれます。

返済期間重視の結果としては、返済回数は663回、返済額の総額は7,341,796円となり、利息額の合計は5,841,796円です。同じ条件で返済回数シミュレーションをすると、毎月いくら返済するのかを指定することができます。1万円から1,000万円まで入力が可能です。結果としては20,000円を144回にわけて支払うことになります。返済の総額は2,847,519円で利息は1,347,519円です。

また毎月いくらずつ返せばいいのかを知りたい場合も、シミュレーションができます。例えば900,000円を借りて、6ヶ月間で返済してかったとします。金利が12.0%だと仮定すると、毎月の返済額は187,290円という結果になるでしょう。そして利息額は36,468円になるので、返済額は合計で936,468円になります。

このように返済に関してはしっかりとシミュレートをしておくと、今後の支払い計画や完済までの利息負担が簡単に分かるのです。

トップへ戻る