ダイレクトワンの即日融資は早い審査で実現も可能となります。

計画的な借り入れのために

キャッシングの宣伝で必ずといっていいほど、付いてくるセリフに「ご利用は計画的に」というのがあります。といっても、テレビCMや新聞広告などの中で、どのようにすれば計画的利用ができるかは説明されていません。

では、計画的な利用を実践するにはどうすればいいのかといえば、まずは、自分の収入に見合った借り入れ額を考えることが大切です。誤解しがちなのは、貸金業者でキャッシングする場合、総量規制というのがあるため、年収の3分の1までなら借りても問題ないと考えることです。

いくらまで借りても大丈夫なのかというのは、その人の収入と支出によって違いが生じます。たとえば、年収180万円の人と500万円の人では生活のゆとりが違います。返済に回せるお金も自ずと違ってくるでしょう。

家賃や光熱費、通信費や食費、交際費などの金額は、年収が低いからといってそう大きく削れるわけではありません。そのため、毎月の生活費にいくらかかっているか、しっかり把握する必要があります。

お金が不足しているから借りるわけですが、返済に困るほど借りることは、いわゆる無計画な借り入れとなってしまいます。そのため、毎月の収入から支出を控除して残った金額を確実に返済に回せることを念頭に借り入れ額をコントロールすべきなのです。

トップへ戻る