ダイレクトワンの即日融資は早い審査で実現も可能となります。

銀行なら低金利となる借り入れ

カードローンには銀行や消費者金融、また信販会社など提供する会社によって、幾つかの種類に分けることができますが、このうち銀行系と呼ばれるのは銀行本体と大手の銀行と提携している消費者金融です。銀行系のカードローンのメリットは低金利である点です。

キャッシングの選択で一番のポイントとなるのが金利面の比較なのですが、例え1%でも利息に換算すると総返済金額に大きな差が現れるもので注視しておきたいところです。この低金利を実現できるのは資金面です。消費者金融に適用されている貸金業法では純資産が5000万円以上の会社でなければ営業できないことになっています。

つまり、現在営業している会社は豊富な資金を有していることになります。

大手の消費者金融では銀行のグループ会社になることでスケールメリットを創出し、それが金利面にも出ています。また、銀行のキャッシングに関しても企業向けから個人の顧客を取り込む中で小口融資に力を入れており、消費者金融を審査の段階で保証会社としています。提携・連携が進む中で、キャッシングの中で注目されているのが銀行系です。

注意したいのは同じ系統でも銀行では年収制限である総量規制の対象外となっているのに対して消費者金融は対象となっている点です。つまり、年収によって借りることができる金額が決まっている訳です。その点は利用に際して注意が必要ですが、低金利と提携ATMの便利さ、スピード審査の面でメリットのあるものになっています。

トップへ戻る