ダイレクトワンの即日融資は早い審査で実現も可能となります。

専業主婦の厳しい借り入れ事情

消費者金融の多くは、専業主婦へのキャッシングの利用を取り扱っていません。なぜならば、社会人に比べて一つ手続きを増やさなければいけないからです。キャッシングを利用するときには総量規制の範囲内の金額しか利用できませんが、その範囲は世帯年収の3分の1となっています。

専業主婦だけを見れば収入がないことがほとんどであるため、消費者金融はサービスを提供するときはその世帯年収を把握しておかなければなりません。その手間に人件費を割り当てなくてはならないため、中小規模の消費者金融はそこまでなかなか手が回らないため、専業主婦へのサービス提供を控えているわけです。

もちろん、専業主婦がキャッシングを利用することは、総量規制の範囲内なら何ら違法性はありません。ただし、総量規制の例外で認められる配偶者の年収と合わせる「配偶者貸し付け」によるキャッシングを受け付けているのは、現状では大手では存在していません。

専業主婦が消費者金融を利用するのはルールに沿っていれば問題ないのですが、実際に貸し付けているかと言えば、現実問題として「ノー」となってしまうのです。

トップへ戻る